満足できる中古マンションの売買をしよう~マンゾクフドウさん~

住まい

市場価格と同額で売れる

住宅

住宅ローンが返済できなくなったら、競売ではなく、任意売却という選択をした方が良いです。任意売却を行なう大きなメリットは、競売との売却価格の差です。競売の場合は、裁判所が決定した価格で落札されるので、市場価格よりも低いことがほとんどです。それに対して、任意売却は市場価格と同額程度で売却できる可能性があるのです。そのため、競売よりも任意売却をした方がメリットがあるのです。任意売却のメリットは、価格面だけではありません。プライバシーがしっかり守られるのも任意売却のメリットの1つです。競売の場合、死ぬ分などのメディアで告知をするので、場合によっては知人や親族に知られる可能性があります。任意売却なら、通常の不動産売却と同じなので、プライバシーが守られた上で売却できるというメリットがあります。

任意売却を行なう場合は、専門業者に相談した方が良いです。自分で任意売却を進めることも不可能ではありませんが、難しい手続きや交渉などが多いので、専門業者に相談した方が安全です。専門業者に依頼した場合、まずは現在の状況を細かく説明する必要があります。辛い状況だと、なかなか説明がしづらいですが、有利に任意売却を進めていくためにも、専門業者には正確に現状を伝えることが大切です。現状を把握したら、売却方法や、任意売却のスケジュールを決めていきます。競売にかけられる前なら任意売却を行なうことができますが、なるべく早く行動を起こしておいた方が良いです。その方が有利に進められる可能性は高いからです。